ジーンズの赤耳が大事じゃない


大切にしたいことは、デニムの持つ優しさを大事にしたジーンズで、気持ちよい毎日を送れることだと思っています。
 
なので、そんな優しいジーンズを作る経過は、
 
デニムの優しさを感じれるジーンズが良いと思う

優しさ(=柔らかさ)を感じられるには、繊維長の長い綿から作られた、良い糸が大事。

優しさ(=柔らかさ)を感じられるには、シャットル織機を使って、デニム生地を織り上げる。

結果として、古いシャットル織機では、生地の幅が狭いデニムが出来上がる。

裁断から縫製を経てジーンズが作られる。
 
こんなストーリーです。
 
 
タッチイズラブ®ジーンズストアでは、優しいジーンズが良いので、シャットル織機で作られた、いわゆる赤耳デニムを使って、ジーンズを作っています。
 
スタンダードフィット(標準的なストレートの形)の、ジーンズの左右脇は、ストレートなので、生地の端を残しています。

 
けれど、パーソナルフィット(お客様のご要望に合わせて作る細身のジーンズ)の時は、赤耳部分を、斜めに断ち落として、形を作ります。


理由は、単純なんです。
細くすっきり見えさせたいのに、内股側だけで細さを作り出すと、がに股に見えてしまうから。
写真の左がパーソナルフィット。お尻から下のカーブ(=内股のカーブ)は、右側のスタンダードフィットと同じです。

どちらも同じ、優しさを感じられるデニム生地を使って作られた、タッチイズラブ®ジーンズです。


 世間一般で言われている、赤耳デニムの心地よさは、他人から見えなくても、自分だけが感じられてたら、良いと思うのです。
 
そもそも、どんな生地でも、織物であれば、耳は存在します。食パンの耳と同じく、端っこです。 赤耳とは、生地端に、赤い糸を通したデニムのことです。
 
大切なことは、赤耳デニムが大事じゃない。そう思っています。

0